So-net無料ブログ作成

ゆるく [本]

51y3GVrWP8L._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

ダウンロード.jpg

ゆるいなぁ。
こんなにゆるくていいのかなぁ
と心配になるほど
独身40代を
ゆるく生きている主人公たち。
もちろん悩みも葛藤も抱えて
いるのだけれど、
絵自体がゆるいせいか
悩みさえも哲学的に見えてくる。

しかし
エピソードにあるあるがあって
ちょい面白かった。
仕事帰りのスタバやタリーズ
なんかのカフェて
おひとり様が多すぎて
しーん。
そこに女子グループなんかが混ざると
完全にそっちがアウェーな感じ。
会話筒抜け。
そこでの聞き耳が面白かったりもする。

私もこんな風にして
なににも思い煩わされず、
地味に面白いことを探していたいと
思うのだけれども。
まだまだ修行がたりんなぁ。










200勝 [carp]

野球をしてきて
これまで理不尽な目に
あったことがない、と
カープの若手選手が
語っているインタビュー記事が
あって、ものすごく驚いた。
体育会系、
しかも野球部とかって
いまだに意味不明な上下関係で
成り立ってそうなのに。
こーゆーことが言える人は
人生においても
屈辱的な思いをすることが
あまりなかったんだろうなぁ、
と思う。
きっと生き方が器用でかしこくて
人から好かれて、
本能的に明るい道を
歩いてこれた人なんだろうなぁ、と。
黒田投手は不器用に見える。
正直ゆえ誤解されやすい感じの。
おそらく野球の実力云々ではなくって
何かしら、世間から試練を与えられる
タイプの人。

著書で黒田について語っていた
「理不尽を受け止められる強さをもつ」
という言葉は、目からうろこでした。
人は理不尽を受けると
自分の弱さゆえだとへこむ。
プライドを無くす。相手を憎む。
でも彼はそれを受け止める。
同じように野球でミスをしても
1日中グラウンドを走っていろと
罵詈雑言を浴びる人もいれば
言われない人もいる。
黒田は似たような場面では
おそらくいつも前者で、
理由のない仕打ちであっても
不公平であっても走り続ける。
その監督に恩義すら感じる。
自分に起こった
理不尽とも差別ともよべる出来事を
くさることなく受け止められる強さがある。
もしかして
人にとって一番尊敬に値すること
なんじゃなかろうか。

014.jpg

016.jpg

021.jpg

025.jpg

いや、よかったわー
自制するはずだったのに
ビール3杯飲んじゃったわー
それにしても
自分のことじゃないのに
こんなに喜んでくれる人たちがいるって
幸せなことだな。
喜べる私たちも。
涙。













戒める

003.jpg

この日本酒は戒め。
若いときのリバースは
若気の至りだけれども
この年でのリバースは
本当にへこむ。
かなり落ち込む。
しかもお外。
自制しよう。
お酒は控えよう。
しかし
連れが全く動じない人でよかった。
ビニール袋があってよかった。
公園のベンチがあってよかった。
梅雨の合間の
さわやかな夜風でよかった。

帰りのタクシーに乗るとき、
連れから
二つ目のビニール袋を手渡され
無事、帰宅。
使用しませんでした。
一応報告しときました。











アイルランド [映画]

main_bg.jpg

「ブルックリン」

今年はアイルランド映画が
当たり年だと
週刊誌で知りました。
とゆーことでブルックリン。
50年代は
ファッションもインテリアも
色彩が豊かで
センスが良くって
観ていて楽しかったなぁ。

しかし実はこの映画、
海を越えて
単純な二股映画だったと
ゆーことに愕然。
ヒロインはもともと優秀だし
もともとポテンシャルが高いの
でしょう。
物語はさくさくっと
都合よく展開されていく。
まぁでもいいんじゃなかろうか。
わかる気もする。
故郷アイルランドとN.Y。
良いところも悪いところも
天秤にはかけられない。男も。

その後、本を売って査定してもらって
いたことを思い出し、
ブックオフへ直行。
40冊で1000円弱。うーむ・・・・・
そしてそのお金で
松田聖子が86年に発売した
アルバム“SUPREME”を780円で購入。
中学生のころか。
CDではなくって
カセットにダビングしてもらい、
文字通りテープが擦り切れるほど
聴いたなぁ・・・
そして、実は
あのアレンジャー武部聡志
(マイリトルラバーの元旦那)や、
玉置浩二も参加していたアルバムだと
歌詞カードで知ってビックリ。

006.jpg

このアルバムのおかげで
いい女になって
ヨーロッパ中を旅することが
できました。
(もちろん中学生の妄想)







策略

大変今さらながら
家をwifi環境に。
(以前はUSB型wimax)
ネットがさくさくっと繫がって
ほうほう非常に使いやすい。
となっているのだけれども、
ここに至るまで、
どのようにして
そのネット回線を
安価におさえようかと
ひたすらググっていました。

あっちにしたほうが
千円は安くついたかも・・・
しかし今後を考えて
同じ会社の割引サービスが
きくほうが・・・
などとあーだーこーだとやったあげく、
カウンターで説明を聞いても
半分も頭に入ってこない。
これは策略なのか陰謀なのか。
自分の毎月の保険料が
いかなる理由で
その金額が引かれるのか
説明がつかないのと同じ。
頭の悪い消費者から
思考というものを抹殺するべく
このような複雑な契約が交わされるの
だなぁ、と、考えることを拒否した頭で
感慨にふけりました。
とゆーことで
ネットを解約すべく、
必要のない
オプションサービスを解約すべく
言われたとおり電話をかける。
しかし
あの、
固定アナウンスにまたも翻弄される。
「~されたい場合は、1、を」

うちの親なら
受話器をなげつけておるな。








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。