So-net無料ブログ作成
検索選択

広島へ

昨日は、オバマ来広に
広島も浮き出しだっていました。
さすがに米大統領という超VIP。
交通規制がどこまでひかれるか、
その日はすこやかに家まで
帰れるのか。
なんだかそんな現実的なことを
気にしてしまいました。

幼いころから平和教育を受け
小学校の校庭の下には
原爆で亡くなった人々が眠っていると
まことしやかに言われていました。
高校では毎年、若くして亡くなった先輩方の
慰霊祭が行われ、
この地で育った自分には
原爆は切っても切り離せないもの。
にもかかわらず、
オバマさんの述べた平和、が、
ぴんときていない。
多分、時間が経ちすぎているんだ
ろうなぁ・・・・
そして今現在、
この地に降り立って何かを感じてほしい人は
オバマさんではないような気もする。

願わくば、
原爆資料館にもうちょっと時間を
費やしてもらいたかったなぁ。
などといいつつ、
自分もこの資料館の記憶がさっぱりない。
ケリー国務長官が来広したとき
非常に感慨深いコメントをだしていて、
そのように
オバマさんが感情を揺さぶられる様を
もっと見たかったような気がしますが。
私たちの感情を思い起こさせるためにも。

その日の夕方
市電はやはり中心部行きがストップ
しかしこの時間。
かの人が、さほど遠くない場所で
歴史的スピーチをしているのだと
妙にしみじみしました。

002.jpg













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。